印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

殺したんじゃねぇもの

青山正さんを救援する関西市民の会

野田事件を考えるページへようこそ

野田事件とは

 1979年9月11日、千葉県野田市で幼女殺人事件が発生しました。 遺体の発見状況から、警察は「変質者」による犯行と断定。 遺体発見現場近くに住む青山正さんという知的障害の男性に目をつけ、 「内偵」と称した上がり込み捜査を行いました。 そして、確たる証拠もないまま、事件発生から18日目の9月29日、 青山さんは逮捕されました。

 取調べの中でも警察は、「本当は殺したんじゃねぇもの」という青山さ んの声を無視し、「作られた」うその自白を強要しました。裁判所も「障 害者ならやりかねない」という予断と偏見の中で、一・二審と懲役12年の 有罪判決を出してきました。

 1992年3月、最大の物証とされた「カバンのネーム片」が、警察にねつ 造されていた事が明らかになり、弁護団は最高裁に上告趣意補充書を提出 しました。しかし、1993年12月20日、わずか13行の不当な上告棄却決定が 下されたのです。

 そして、1994年8月14日、「刑期満了」で出所した青山さんとともに、 私たちの再審請求に向けた取り組みが始まったのです。