殺したんじゃねぇもの

青山正さんを救援する関西市民の会

HOME | 証拠ねつ造 | 第二章 1

更新日 2016-07-31 | 作成日 2016-07-31

「証拠ねつ造」野田事件・青山正さんにあたりまえの無罪を! 

1993年4月4日発行パンフレットより

 
 
1993年に発行したパンフレット「証拠ねつ造」の原稿を掲載します。 
文中の表現については当時のままとしています。 

 

第二章 「 有 罪 」

 

 しもんなんて なんにもねえ
 あしあとなんて なんにもねえ
 しょうこなんて なんにもねえ
 なんにもねえのに

 ヒコクニンヲチョウエキ12ネンニショスル

偏見にみちた精神鑑定、疑問だらけの物証、「演じられた」自白、それでも出された有罪判決。裁かれるのは、いったい誰なのか。

 
中田精神鑑定の「精神」
 

 
 青山さんには、起訴前に一回(中田修鑑定人)、公判中に二回(西山詮鑑定人・逸見武光鑑定人)の計三回の精神鑑定がなされた。中でも中田鑑定はひどい鑑定で、デッチあげ裁判に積極的に加担するものであった。
 

精神鑑定とは

 
 時々「精神鑑定」(刑事精神鑑定)はマスコミを騒がせる。そういう時は「凶悪犯が精神鑑定によって減刑されてしまう」といった文脈で語られることが多いようである。確かに精神鑑定によって「犯行時の精神状態に異常があった」とされると刑が減免されることがある。精神鑑定は被告人にとって有利な制度のようにもみえる。
 
 しかし、実際には多くの問題がある。その一つが、精神鑑定が多くの冤罪を生み出してきたことである。
 
 一九八九年に無罪判決が出された元死刑囚赤堀政夫さんも、精神鑑定で「精薄」「性的倒錯」などとされ、「こんな残虐な犯行を犯すのは精薄の赤堀だ」「精薄の赤堀のいうアリバイなどが信用できるはずがない」と犯人にデッチあげられている。また、一九四九年の弘前事件の犯人にデッチ上げられた那須隆さん(一九七七年再審により無罪確定)の場合も、「(那須さんには動機がないという批判を意識して)無意識界には動機がある」  「心理学的には真犯人だ」という驚くべき鑑定がなされ、有罪判決につながっていく。そして、残念ながらこの青山さんの裁判においても、中田鑑定において全く同じ過ちが繰り返されているのである。
 
 中田修とは、当時東京医科歯科大学教授。現在日本で最も多くの精神鑑定をこなす「権威」である。しかし中田は、ひどい、いいかげんな鑑定を量産する、悪名高い「権威」でもある。また、保安処分(「将来、再犯のおそれがある」と判断しただけで、拘禁や強制治療を行うことができる制度)推進派の筆頭でもある。
 
 
 

中田鑑定の問題

 
 精神鑑定で最も悪質な過ちは、まだ事件の犯人かどうか決まっていないのに、鑑定の中で犯人だと決めつけることである。これが多くの冤罪を生み出してしまい、強く批判されていることなのである。でも中田は、この最も悪質なことを平気でやっている。例えば、さしたる確証もなく「(青山さんが「犯人」であることを認めた)供述の信頼性は充分にある」と言ってのけたり、「犯行が予謀的な(あらかじめ計画を練った)ものであることは間違いない」などとも言っている(中田は同様の過ちをこれまでも何度も犯しており、その度に学会や判決で批判されている)。ただし、これは単に中田の個人的な資質の問題のみでなく、起訴前鑑定という制度上の問題もあるのである。鑑定が行われたのが起訴前であるため、使われる資料は警察側のもののみで、それに疑問を投じるようなものは一切ない。そもそも起訴前鑑定はやるべきでないという議論もあるのである。
 
 中田鑑定の問題点はまだある。中田は全くいいかげんな論理で青山さんを「児性愛」と決めつけ、「これが動機となって犯行を犯した」と述べている。青山さんは中田にそんなことを一言も言っていないし、むしろ「裸を見たくてやったのか」と聞かれたときには「ちがう」とはっきり答えているのに、である。
 
 それから中田は、青山さんの「処遇」にまで口を出している。いわく「被疑者は、著しい精神薄弱者であり、しかもかなり強い性衝動を有しているので、今後、社会に出た場合に同様な犯行をくりかえす可能性が充分にある。……現行刑法には保安処分が存在しないので、このような精神障害者を隔離して処遇するためには精神衛生法(当時)第二九条を適用して精神病院に措置入院することが考えられる。……本被疑者のような重大事件の場合には、退院に関してはとくに慎重な配慮が望ましく……薬物去勢で本被疑者の再犯を防止することはおそらく可能であると思われる」。このひどさにはあきれるばかりである。青山さんを根拠なく「犯人」と言うだけでなく、「現行刑法には保安処分が存在しない」といいつつ、精神病院への長期拘禁や去勢を提唱するなど、実質的な保安処分の推進を図っているのである。
 
 
 

青山さんを排除する裁判

 
 裁判は一貫して青山さんを排除して行われてきた。青山さんは語られる言葉もそこにいる人の役割もわからず、青山さんが言ったことは「精神遅滞だから」とその意味を歪曲されてきた。公正な裁判を行うべき裁判官がそれを積極的に推進している。青山さんを排除したところに裁判の世界を作り上げ、そこで青山さんを「裁く」といったおかしなことをしているのである。
 
 青山さんになされた鑑定は、「責任能力」(=犯行のときに善悪を判断してその判断に基づいて行動する能力があったか)とか「訴訟能力」(=訴訟のとき自分の利害を判断して自己防御する能力があるか)とかを検討するものであった。こういう能力をもとにした考え方には大きな問題がある。こういう「能力」がないとされると、刑罰に問われないことになるのだが、それでは青山さんは無実の罪を晴らすことができない。青山さんは無実なのであって「能力がないから刑罰にかけない」のではないのである。それにこの議論は、青山さんと離れたところにある裁判の世界を前提として、その距離を青山さん自身の責任に転嫁してしまうという面がある。問題なのは青山さんではなくて、青山さんを「裁く」場でありながら青山さんと離れたところに存在して安穏としている裁判、そしてそれを作り上げてきたこの社会の方ではないだろうか。